篤姫 視聴率絶好調!

弟ももちろん鹿児島出身ですが、

宮崎あおい見たさに、40インチの液晶テレビをローンで買ったそうです。

篤姫という結構マイナーな偉人でも、

ドラマの構成や配役で、こんなに関心が集まるとは思いも寄りませんでした。

鹿児島の歴史の一部をいろんな人に知ってもらえるのは本当にうれしいことですね!



関係ないけど、吉田松陰が日本の1万円札の顔になればいいのになぁとか思いますが、

だめですか??



(アメーバニュースより)
http://news.ameba.jp/domestic/2008/03/11650.html


今月2日放送のNHK大河ドラマ『篤姫』(第9回)が、視聴率25.3%という高い数字を記録したことが3日、わかった。大河ドラマの視聴率が25%を超えるのは、2005年放送の『義経』第5回(26.9%)以来約3年ぶり。

 初回に20.3%を記録して以降、20~22%を堅調に推移していた『篤姫』だが、ここにきて前回の22.4%から約3%という異例の「爆上げ」となった。

 この理由についてテレビ雑誌の編集者は、「ここまで一度も視聴率が20%を割り込んでいない好調ぶりが雑誌等のメディアで伝えられて、『そんなに評判ならちょっと見てみるか』という新規客がどっと流入した」と見る。

 大河ドラマは地上波だけでなく、BS2やハイビジョンでも放送されており、さらに翌週の土曜日には再放送も控えているので、視聴者が分散されて視聴率が稼ぎづらいという事情がある。強力な裏番組が控える日曜夜の放送ということも鑑みれば、いかにこの数字が立派かわかろうというもの。

『篤姫』好調の理由として前出のテレビ雑誌編集者は、「大河っぽくないから」だと言う。

「大河の幕末物といえば激しい殺陣や思想対立などが定番ですが、『篤姫』はそういったものを一切排して、ヒロインの身の回りの日常を表現することに徹している。一言で言って『篤姫』は幕末を舞台にしたホームドラマ。

 歴史の背景などを知らなくても楽しめるし、わかりやすく作っている。登場人物が髷を結っていたり着物を着ているからといって、時代劇だと思って見ている人は少ないと思います」

 確かに登場人物のセリフを聞いていても、時代劇にありがちな古めかしい言葉はあまり聞かれない。目をつぶって聞いていれば、現代を舞台にしたドラマのようにも思える。また演出や効果音の使い方なども時にはコメディドラマのそれそのもの。肩肘張った「いかにも大河」という感じはない。

「今『篤姫』の視聴率を押し上げているのはこれまで大河ドラマとは無縁だった層、特に女性たちです。宮崎あおいがヒロインを務めた朝ドラ『純情きらり』を見ていた主婦たちが同じスタンスで『篤姫』を見ていたり、10代、20代の若い女性が篤姫に自分の姿を投影していたり。初めて大河を見るという人も珍しくないと思います」(前出同)

 昨年の『風林火山』が大上段に構えた「保守本流」の大河ドラマだっただけに、今年の『篤姫』の異例さは際立つ。いずれにせよ視聴率が好調なのはNHKにとっては良いことだろう。今後は目玉の大奥入りが控えており、しばらくドラマの内容から目が離せなさそうだ。

スポンサーサイト
プロフィール

WAHAHA

Author:WAHAHA
(ワハハ)です。
・鹿児島生まれ埼玉在住
・六本木IT関連会社勤務
よろしくお願いします!

↓少し詳しい自己紹介↓

管理者について
↑HPサイトへ飛びます↑

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お得な国内旅行
★Powered By FC2ブログ★

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

★無料アクセスカウンター★
カウンター
★FC2ホームページ★
ホームページ
★FC2レンタルサーバー★
サーバー・ホスティング